toggle
2019-10-03

五つの象徴

Pocket

「こういう人がいたから、こういう象徴が生まれた、
         やがてその象徴は信仰の対象となり、神々と呼ばれた」
昔も今も人はそれほど変わっていないと私は思います。むしろ、感覚や運動能力の点で退化しているかもしれません。
そして
昔も今も同じような人がいっぱいいたとも考えられるわけです。古代にいたわがままな人、すばしっこい人、麗しい人、堂々とした人・・・現在でも、もちろんいます。
このように、人という存在は千差万別ですが、類型化すると、意外と昔も今も同じような人がいたんだなあということがわかります。
暴れん坊でわがままな人、人はこういう人を天狗と呼び、その様子を身体的特徴に表しました。

天狗の鼻が高い、目がぎょろっと見開いている、羽が生えている、高下駄を履いているという特徴は、そういう人の特徴を表したものであり
実際に空を飛んでいた天狗がいたわけではありません(天狗は想像上の生き物です)。
この人の特徴や行動を、人の象徴と名付け、大きく分けて『五つの象徴』としました。

この「五つの象徴」は、龍人・弁天・天狗・狐女(きつねめ)・武士(もののふ)と呼ばれる五つですが、日本の民話や伝承にも主人公やキャラクターとして登場します。

民話や伝承は、文字として伝えられたというより、人々が口伝えで伝えてきたもので、大切だからこそ口伝えで伝えてきたのです。
そして、この「五つの象徴 shouchou 」が、自分の守り神を見つけるヒントにもなるのです。
また、この民話や伝承に登場する人物や動物や神々といった象徴は、日本の代表的な五つの古代信仰とも関係があるのです。その五つの古代信仰が、龍神信仰・弁天信仰・天狗信仰・稲荷信仰・八幡信仰です。

【日本の龍神信仰の神社】

出雲大社
島根県出雲市にある神社。式内社で、古代より杵築大社と呼ばれていましたが、明治以降は、正式には「いずもおおやしろ」と読む出雲国一宮。縁結びの神として知られる大国主大神が祀られています。出雲の語源は、イズミつまり泉で、水との繋がりがわかります。

室生龍穴神社
奈良県宇陀市の室生にある神社。女人高野として知られる室生寺の奥にあり、ご祭神である高龗神は祈雨の神として崇敬されました。神社の背後の渓谷には、妙吉祥龍穴と呼ばれる岩窟があります。室生の語源は、室つまり、山の中の室のような土地を表します。

丹生川上神社
奈良県吉野郡にある上社、中社、下社の三社からなる神社。式内社で平安二十二社(下八社)の一つ。古代から祈雨や止雨祈願の信仰があり、水の神である罔象女神、高龗神を祀っています。丹生の丹は、粘土性の赤土のことで、土器を作る土のことです。

箱根九頭龍神社
神奈川県足柄下郡箱根町にある神社。箱根神社の境外には九頭龍伝承がある九頭龍神社があります。箱根神社には箱根大神が、九頭龍神社には九頭龍大神が祀られています。

飛瀧神社
和歌山県那智勝浦町にある神社。熊野三山の一社である熊野那智大社の別宮であり、那智滝そのものを大己貴命が現れたご神体としてお祀りしていて、本殿や拝殿はありません。

高龍神社
新潟県長岡市にある神社。南北朝時代、傷ついた南朝の武士が高龍大神に助けられたのが始まり。商売繁盛の神様として知られ、奥の院には龍神様が、神社にはお使いの白蛇様が祀られています。

金澤神社
石川県金沢市にある神社。江戸時代、藩校明倫館の鎮守社として創建されました。加賀前田家の祖先とされる菅原道真が祀られています。また境内には中国伝来の白蛇が相殿の白蛇龍神に祀られています。

戸隠神社
長野県長野市の戸隠山の山麓にある奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社の五社からなる神社。神仏習合の歴史を経て、天の岩戸開きに活躍した神々を祀ります。また九頭龍社は、龍神を祀る神社です。

白山比咩神社
石川県白山市にある神社。式内社で加賀国一宮。全国に二千社以上ある白山神社の総本社です。白山をご神体とする神社で、菊理媛神とも呼ばれる白山比咩大神 、伊邪那岐尊、伊弉冉尊を祀ります。

金龍神社
奈良県奈良市の春日大社の境内にある福の神十二社の一つの神社。後醍醐天皇ゆかりの神社で、開運・財運の神様である金龍大神が祀られています。

【日本の弁天信仰の神社】

天河大弁財天社
奈良県吉野郡天川村にある神社。役行者が大峯山を開き蔵王権現を勧請するに先立って最高峰弥山の鎮守として祀られたのが始まり。宗像三女神の一神であるイチキシマヒメすなわち弁財天が祀られています。

厳島弁財天
広島県廿日市市宮島(厳島)にある神社。式内社で安芸国一宮。平清盛ゆかりの神社で、厳島のいつくは、斎く、心身の穢れを浄め神に仕えること斎きの動詞形で、古代の海人の斎く島の神社を表します。

竹生島弁財天
滋賀県長浜市竹生島にある都久夫須麻神社(竹生島神社)と宝厳寺の神社仏閣。竹生島は神仏の聖地として信仰されていましたが、明治の神仏分離で分れました。イチキシマヒメと弁財天が祀られています。

小網神社
東京都中央区日本橋にある神社。平安時代中期に恵心僧都が開いた庵が始まりです。江戸城を造った太田道灌からも信仰されました。稲荷大神とイチキシマヒメ(弁財天)が祀られています。

江島神社
神奈川県藤沢市江の島にある神社。神仏習合の時代には弁財天女として信仰され、八臂弁財天と裸形の妙音弁財天が今でも安置されています。宗像三女神を島の三か所に祀り、江島大神として崇敬されています。

銭洗弁財天宇賀福神社
神奈川県鎌倉市にある神社。源頼朝が夢のお告げにより建てたのが始まりです。境内洞窟の清水で硬貨を洗うと増えるとされ、銭洗弁財天として有名です。イチキシマヒメと宇賀神(弁財天)が祀られています。

金華山黄金山神社
宮城県石巻市にある神社。牡鹿半島沖の太平洋上の金華山という島にある。奈良時代は金の産出地として知られ、その後、弁財天信仰の地として知られました。現在は、金山毘古神、金山毘売神が祀られています。

【日本の天狗信仰の神社】

愛宕神社
京都市右京区にある神社。愛宕山山頂にあり、古くは阿多古神社と表記しました。全国約九百社ある愛宕神社の総本社で、火伏せ、防火の神として信仰されています。

秋葉神社
静岡県浜松市にある神社。赤石山脈の秋葉山の山頂付近にあり、全国約八百社の秋葉神社の始まりの神社です。火伏せの神として知られる秋葉大権現を江戸時代まで祀り、現在は火之迦具土大神を祀っています。

猿田彦神社
三重県伊勢市にある神社。猿田彦大神を祀り、全国約二千社の猿田彦大神を祀る神社の総本社の一つとされます。(椿大神社も総本社とされます。)。摂社に、アメノウズメを祀る佐瑠女神社があります。

椿大神社
三重県鈴鹿市にある神社。つばきおおかみのやしろと読み、式内社で伊勢国一宮。猿田彦大神を祀り、全国約二千社の猿田彦大神を祀る神社の総本社の一つとされます。(猿田彦神社も総本社とされます。)

阿賀神社
滋賀県東近江市にある神社。赤神山という山の中腹にあり、聖徳太子や最澄ゆかりの神社で、修験道の聖地です。修験者を守った太郎坊天狗ゆかりの神社のため太郎坊宮とも呼ばれます。

日吉大社
滋賀県大津市坂本にある神社。平安二十二社(下八社)の一社で、全国約二千社の日吉、日枝、山王神社の総本社です。西本宮には大己貴神(大国主神)、東本宮には大山くい神を祀っています。

北野天満宮
京都市上京区にある神社。平安二十二社(下八社)の一社で、全国約一万二千社とされる天満宮(天神信仰)の総本社です。学問の神として知られる菅原道真を祀っています。

太宰府天満宮
福岡県太宰府市にある神社。菅原道真の墓の上に造られた安楽寺の跡とされ、ご祭神の菅原道真は学問の神として信仰されています。また京都の北野天満宮とともに天神信仰の総本社です。

御霊神社
京都市上京区にある神社。御霊神社は全国にあり、非業の死を遂げた人々を神として祀っています。京都の御霊神社は上御霊神社と下御霊神社の上御霊神社を指し、早良親王をはじめ八所御霊を祀っています。

【日本の稲荷信仰の神社】

三峯神社
埼玉県秩父市にある神社。日本武尊が東征中にイザナギ・イザナミを偲んだことが始まり。稲荷信仰ではないですが、狼を信仰する講が江戸時代に発達し、狛犬に代わり狼が置かれています。

祐徳稲荷神社
佐賀県鹿島市にある神社。江戸時代、鹿島藩主鍋島氏に嫁いだ祐徳院が伏見稲荷大社から勧請した神社で、稲荷大神とともに祐徳院も祀られることから祐徳稲荷と呼ばれました。

最上稲荷
岡山県岡山市にある日蓮宗の寺院。正式名称は妙教寺で高松稲荷とも呼ばれ、最上位経王大菩薩と呼ばれるダキニ天と特徴を同じにする仏を祀っています。神仏習合の姿を残した寺院です。

瓢箪山稲荷神社
大阪府東大阪市にある神社。豊臣秀吉が伏見桃山城のふくべ稲荷を勧請したのが始まり。神社の背後には、古墳時代の瓢箪山古墳があり、名前もそれにちなみます。辻占い総本社としても知られます。

源九郎稲荷神社
奈良県郡山市にある神社。社名の由来は、源義経を助けた稲荷狐に由来します。郡山城の鎮守社として知られ、妖刀子狐丸伝説をはじめ、多くの伝説が残る神社です。

豊川稲荷
愛知県豊川市にある曹洞宗の寺院。正式名称は妙厳寺で、境内に祀られる豊川吒枳尼真天(だきにしんてん)という仏の稲穂を担いだ姿から、豊川稲荷という名称で呼ばれます。

千代保稲荷神社
岐阜県海津市にある神社。平安時代、源八幡太郎義家が六男に剣と肖像画を与えたのが始まり。お千代保稲荷(おちょぼいなり)と呼ばれることが多く、「おちょぼさん」として親しまれています。

笠間稲荷神社
茨城県笠間市にある神社。胡桃樹があった場所に建てられたとされ、胡桃下稲荷とも呼ばれます。五穀豊穣、商売繁盛の信仰があり、宇迦之御魂神が祀られています。

竹駒神社
宮城県岩沼市にある神社。竹駒稲荷、武隈明神とも呼ばれ、奥州藤原氏や伊達氏から崇敬されました。衣・食・住の守護神の倉稲魂神、保食神、稚産霊神の竹駒稲荷大神を祀っています。

【日本の八幡信仰などの信仰の神社】

宇佐八幡宮
大分県宇佐市にある神社。式内社で豊前国一宮。全国に約四万四千社ある八幡宮の総本社です。石清水八幡宮・筥崎宮とともに日本三大八幡宮の一つ。八幡大神・比売大神・神功皇后がお祀りされています。

筥崎宮
福岡県福岡市東区箱崎にある神社。式内社で筑前国一宮。 筥崎八幡宮とも呼ばれます。応神天皇(第十五代天皇)、神功皇后、玉依姫命がお祀りされています。日本三大八幡宮の一つです。

鶴岡八幡宮
神奈川県鎌倉市にある神社。源氏や東国武士の守護神で源頼朝ゆかりの神社。奥州平定に功があった源頼義が石清水八幡宮を勧請して祀ったのが始まりです。八幡大神・比売大神・神功皇后がお祀りされています。

鹿島神宮
茨城県鹿嶋市にある神社。式内社で常陸国一宮。全国に約六百社ある鹿島神社の総本社で、東国三社の一つです。国譲りを成し遂げた武甕槌大神がお祀りされています。

香取神宮
千葉県香取市にある神社。式内社で下総国一宮。関東地方を中心として全国に約四百社ある香取神社の総本社で、東国三社の一つです。武甕槌大神とともに国譲りに活躍した経津主大神がお祀りされています。

春日大社
奈良県奈良市にある神社。式内社で平安二十二社 (上七社)の一社。平城京の守護の為に中臣氏(のちの藤原氏)が建てたのが始まり。武甕槌命、経津主命そして天児屋根命、比売神が祀られています。

住吉大社
大阪市にある神社。式内社で摂津国一宮、平安二十二社(中七社)の一社。全国約二千三百社ある住吉神社の総本社。海の神として信仰され、住吉三神(底筒男命・中筒男命・表筒男命)と神功皇后が祀られています。

石上神宮
奈良県天理市にある神社。式内社で平安二十二社(中七社)の一社。古代氏族物部氏ゆかりの古社で、ご神体の布都御魂剣に宿るご神霊である布都御魂大神が祀られています。

大和神社
奈良県天理市にある神社。式内社で、正式には大和坐大国魂神社。太平洋戦争時の戦艦大和には、大和神社の神々が祀られていました。現在は、戦艦大和を含め、国のために戦った戦死者の御霊を祀ります。

Pocket

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です